お知らせ

新型コロナウイルスの感染防止のため抗菌フェースシールドを開発

2020.06.10

日刊工業新聞に当社の取組が掲載されました。

当社代表青山の声かけのもと、ダイヤ工芸(同)、拓斗化成(横浜市港北区)、生垣製作所(東京都品川区)、横浜総合行政書士事務所(横浜市西区)の藤森純一氏と設立した合同会社Pstが新型コロナウイルスの感染防止のため抗菌フェースシールドを開発し、供給を始めました。頭部に固定するフレームにより、めがねをかけた状態で装着可能。フレームとシールドで1セットで、日産能力は2000セット。

詳細は、日刊工業新聞の新型コロナ/Pst、抗菌シールド開発 日産能力2000組 でご確認下さい。

今後、各者の強みを出し合い、高度人材の育成や製品の受託製造などを通して、製造業を中心とした企業の課題解決に取り組んでまいります。

日刊工業新聞に当社の取組が掲載されました。

一覧を見る